Powered by 複眼RSS

2017年02月16日

回文の定義について

回文とはなんだろうか?
今、改めて自分に問うている。
罅ワレさんのブログ、新版 罅ワレ回文にて、回文の定義を順序立ててされている。
それを見ることで、例えば回文を音ベースで考える人、回文を文字ベースで考える人の違いや、回文の文と複数の表記、またそれとは別の対称性のある文字列で回文の要素となる部分など、今まで深く考えていなかったところに考えが至っている。
自分はシンメトリー(左右対称)であることや、パズル的な面白さを感じているものの、シンメトリーはいらない人もいそうだし、緩和規則を活用することで柔軟に回文を作られている方もいそう。
また、音ベースか文字ベースかで緩和規則の活用も変わってくる。
ちょっと自分も回文の定義について書きたくなってきているところです。
ただ、音ベースの定義も門外漢ですし、細かい緩和規則も把握しないでよい手法をとっているだけに、回文全体の定義は罅ワレさんや他の方にお任せすることになるのだとは思いますが。
回文の定義について書けるタイミングがとれれば早めに書きたいとおもっています。

同じカテゴリー(言葉遊び・カテゴリーの説明)の記事
 いろはうたについて (2012-06-18 16:22)
 回文(かいぶん)とは (2011-12-09 18:48)
 桶屋の論理とは(桶屋の論理とは) (2011-11-09 19:06)
 公開アイデアについて (2011-04-06 22:41)
 かけことばとは (2010-11-16 19:09)
 新カテゴリー(縦読み横読み可) (2010-11-13 11:52)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。