Powered by 複眼RSS

2013年04月28日

フィッチ イズ ベター 一致  オア 不一致?

最近ではあまり聞かないような気もしますが
でもまだ廃れていないであろう気になる
言葉があります。
「性格の不一致で分かれました」とか
「価値観の不一致で分かれました」など。

一致するわけがありません。
・・・・・・・・・ですよね?

「いや、性格同士の触れ合っている部分が
一致するか一致しないかごにょごにょごにょ・・・。」
という説明が聞こえてきそうですが、
なんか意図的な社会的風潮のミスリーディングも
感じてきました。

「え、なんで?どこが?」
説明します。ちょっと待ってくださいね。

よくよく考えてみたら、科学的にもおかしいです。

生物は単細胞分裂によって増えていったのが
雌雄に分かれることによって増えるよう進化しました。

このことには意味があるそうです。

単細胞分裂で増える時には新たな生命は
遺伝子を基本的にそのままコピーしようと
するようです。

一見何も問題がないようにみえます。
さらに言えば、デジタルデータが一般化している
現代からすると優れているものにみえます。

実際は重大な問題があるそうです。

劣化。

デジタルデータのコピーとは違い、
コピーを繰り返すうちに
ノイズの情報が増えていってしまうそうです。

逆に雌雄に分かれたことによる意味は
自分にない要素を取り込んで
生命の活力を取り戻せることが
重要な要素としてあるとのことです。

雄と雌は分かるとして性格は?

やはり本来は自分にない、反対のものを
求めるそうです。

自分の中では古めの情報ですので
最新の情報でどうなっているか分からないのですが、
体臭について自分と遺伝子が近いほど嫌な臭いに、
自分の遺伝子の性質から遠いほど良い臭いに感じるといった
情報も見た記憶があります。

と、なると、性格が一致している方がいいという思い込みは
科学的にも良くなさそうです。

そのうち言い出す人がでないといいのですが
「「性」の不一致で分かれました。」となると
笑い事のようですが、そちらに向かっていると思うと
笑えない気もします。

相対性理論と似たような発想の考え方で、
古典である易経を中核とした、陰陽が相対し、相待す
相対性を基本とする考え方があります。

その考え方からすると違っていればいるほど
相手の足りないところを支えることができ、
自分の足りないところを
支えてもらえるのかもしれません。

いや、自分も偉そうに言える立場ではないのですが。

ただ、良いと思われる色々なベクトルが
違ったりしていることもあるのかもしれませんよ。

今までと逆を探すことでいい縁が得られたら
なによりなことではないでしょうか?

フィッチ イズ ベター 一致 オア 不一致?



同じカテゴリー(半分真面目(半分優しさ?))の記事
 仏教は古臭い迷信か? (2015-02-25 22:49)
 「宇宙には奇跡的なことがある。」または「宇宙人はいる。」。 (2015-02-25 22:42)
 宇宙人はいない? (2015-02-25 22:40)
 ケムトレイル。 (2015-02-25 22:35)
 今は見えぬ良さ (2015-02-25 22:33)
 自虐史観 (2015-02-25 22:21)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。