Powered by 複眼RSS

2017年06月17日

人間の進化の方向(回文)

言葉遊び 長い回文

人は、霊長類だ。
その長たる特徴のひとつは精神性だ。
ところが自分を含めその観点を見失っていた気がする。

これからスマホは腕時計の形態を経て、
つけても分からない位の軽さや体に埋め込まれる形態に
なっていくかもしれない。

常にネットに繋がり便利で、
しかし常に監視されたり
攻撃されたりする危険性をはらむ状態。
人がロボットやコンピューターのような方向に
引きずられていく状態。
人の進化はこの先にあるのだろうか?

音楽プレイヤーの宣伝だったろうか?
猿がヘッドフォンをつけた広告を思い出す。
精神性が低い状態はそんな感じに
見えてしまうものかもしれない。
人の進化の道や方向はこれで合っているのだろうか?

まだよく分からないものの、
今までの方向が違った!となったら、
その軌道修正をいち早くしていけるのは、
日本の中の古典を学んでいる方々が
少しづつけん引していくことになるような
そんな気も個人的にはしています。

→トマト←、→しんぶんし←、→タケノコのけた←みたいに
逆さからも同じに読める回文。

→行くに関し道見るが、懐かしむか?
次いかがか?意義、掴むしか・・・。
繋がる道、見、進化に悔い。←

も逆さも

→いくにかんしみちみるが、なつかしむか?
つぎいかがか?いぎ、つかむしか・・・。
つながる、みちみ、しんかにくい。←